ソニーは、SEIKO(セイコー)とコラボレーションしたスマートウォッチ「wena wrist」の限定モデルを11月23日より発売する。シルバーの「seiko wena wrist pro Mechanical set Silver -LOWERCASE Edition-」と、ブラック「seiko wena wrist pro Mechanical set Premium Black -LOWERCASE Edition-」の2モデルを用意。価格はどちらもオープンプライスで、店頭予想価格はシルバーが92,000円前後、ブラックが95,000円前後。共に300台限定。
ブラック(写真左)と、シルバー(右)
【シルバー】 300台限定
seiko wena wrist pro Mechanical set Silver -LOWERCASE Edition-(WNW-SB15A/S)92,000円前後
【ブラック】 300台限定
seiko wena wrist pro Mechanical set Premium Black -LOWERCASE Edition-(WNW-SB15A/B)95,000円前後
\’18年秋に発売したセイコーとのコラボモデル「SEIKO Digital」「SEIKO Mechanical」に次ぐ第二弾シリーズで、クラシカルなデザインを施したセイコー製の機械式ヘッドとwena wrist proバンドのセットモデルとなっている。なおバンド部分の機能は、既発モデルのwena wrist proと共通で、電子マネーやスマホ通知などに対応する。
セイコーのPROSPEXを多くデザインプロデュースするLOWERCASE・梶原由景氏がヘッド部を監修。機械式時計のプロデュースは今回が初という。
ヘッド部は、“グランドセイコー”にも通じるセイコーの王道デザインをベースに、ファッションアイテムとしての魅力をビンテージアレンジで表現。針とインデックスは、エイジング加工のルミブライトをあしらい、クラシカルな印象を演出した。
クラシカルデザインを施した機械式時計。機械式はLOWERCASE初プロデュースという
ヘッド裏面はシースルーになっていて、“LOWERCASE LIMITED EDITION”と、“LOWERCASE”のロゴをあしらっている。wena wrist proのバンド部分には、限定ナンバー(001/300~300/300)を刻印する。
連続動作時間は、最大巻上時で41時間。キャリバーNo.は「4R35」。防水は5気圧防水、風防材質はハードレックス、ケース材質はステンレススチール。ブラックのみ、表面処理にイオンプレーティング加工を施している。りゅうず部を除くケースサイズは、41.5mm。厚みは11.3mm。重量は42g。
wena wrist proバンド部のシリアルナンバー刻印

関連リンク ソニー ニュースリリース wena wrist 製品情報

関連記事

ソニー×セイコーのwena wristスマートウォッチ。ダイバーズ風proとブルーのactive
2018年9月18日

エヴァ初“NERV官給品”スマートウォッチ。NATOバンドのソニーwena wrist active
2019年1月22日

ソニー×beamsの「wena wrist」第4弾。クラシックモダンなヘッド2種
2019年7月2日

日本初スター・ウォーズ公式スマートウォッチ。“光と闇”のソニーwena wrist
2019年10月4日

投稿者 sukedblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です