マンフロットは、ビデオフルード雲台を搭載したコンパクト三脚「befree live」の新モデル(MVKBFRT-LIVE)を3月5日より発売する。価格は40,000円。
befree live(MVKBFRT-LIVE)
 脚部の先端が雲台側に来るよう折りたたみ機構を反転させることで、収納サイズ(縮長)40cmとコンパクト化させたトラベル三脚「befree(ビーフリー)」のバリエーションモデル。小型ビデオフルード雲台「MVH400AH」を搭載する。
脚部の先端が雲台側に来るよう折りたたみ機構を反転。縮長40cmというコンパクトさが特長
 新たに雲台の下にレベリング(水平出し)機構を追加。脚部も従来モデルから強化し、ロック方式はレバーロックから捻って固定するタイプのMロック(ツイストロック)に変更、開脚角度セレクターは3段階(従来は2段階)から選べるようになった。
ロック方式はMロック(ツイストロック)になった
 脚部はアルミ製で4段タイプ、脚径は22.5mm。センターポールを下げた全高は129cmで、全伸高は150cm、最低高は40cm。耐荷重は4kg。雲台込みの重量は1.64kg。ショルダーバッグが付属する。
利用イメージ
 このほか、新開発の静止画向けボール雲台を搭載し、耐荷重を8kgに強化したトラベル三脚「befree アドバンス」と、同製品にソニーα7シリーズ/α9向けのシナバーデザインを配したモデル(MKBFRLA-BH)も3月5日に発売する。価格は各34,380円。
MKBFRLA-BH
MKBFRLA-BHにカメラを搭載したところ

関連リンク マンフロット

関連記事

マンフロット、旅行用三脚「befree」のビデオ雲台モデル。一脚「XPRO」新製品も
2016年11月16日

ソニーとマンフロット、カメラアクセサリ開発などで協業。\’18年にα向け製品投入へ
2017年9月28日

マンフロット、360度撮影時の脚の映り込みが少ない三脚。13,100円〜
2018年1月29日

投稿者 sukedblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です