HDMIセレクター「RS-HDSW41A-4K」
ラトックシステムは、音声分離機能を搭載し、Dolby VisionやHLGなどのHDR規格をサポートしたHDMIセレクター「RS-HDSW41A-4K」を24日より発売する。価格はオープンプライス。楽天やYahoo!ショッピング内での直販価格は7,980円(税込)。
レコーダーやゲーム機、パソコンなど最大4台までのHDMI出力機器を、1台のテレビなどに接続できる4入力1出力の切替器。
最大4K/60Hz(4:4:4、8bit)映像に対応。HDR10映像や著作権保護のHDCP 2.2、ARCをサポートする。CECやHECには対応しない。
新モデルでは、HDR規格の対応が拡大。HDR10規格に加え、映画などで使われるHDR規格「Dolby Vision」にも対応。Dolby Visionに対応したテレビ、ディスプレイと組み合わせることでDolby Vision信号を伝送することが可能。また、4K放送で採用されているHDR規格「HLG」にも対応した。
外部音声出力機能を搭載しているのも、本セレクターの特徴。
通常のHDMI出力(映像+音声)に加え、音声出力用のHDMI出力ポートを搭載。他にも、光デジタル、同軸デジタル、ステレオミニ端子を搭載しており、4Kに対応していないAVアンプや、HDMI端子を搭載していない古いアンプなどへも音声信号が伝送できる。
HDMI入力可能なアンプとの接続時は、Dolby AtmosやDTS:Xなどのオブジェクトオーディオ信号や、Dolby True HD、DTS-HD Master Audioなどのサラウンド信号が出力可能。
HDMIを持たず、光デジタル入力可能な外部アンプと接続する場合は、ドルビーデジタルやDTSなどの5.1chサラウンドに対応する。ARCをオンにすることで、テレビからの音声も外部アンプへ出力できる。
HDMIや光デジタルを持たず、ステレオ外部入力を備えたアンプやミニコンポ、アクティブスピーカーなどと接続する場合は、アナログ接続によりステレオ音声で出力できる。
HDMIの4入力は、自動と手動の2方式で切替えが可能。付属リモコンを使えば、入力ポートをダイレクトに選択できる。
外形寸法は約210×66×25mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約330g。ACアダプターなどが付属する。

関連リンク ラトックシステム ニュースリリース 製品情報

関連記事

ラトック、4K/HDR対応のHDMIセレクターとスプリッター。4,400円から
2019年3月13日

ラトック、音声分離出力できる4K対応HDMI切替器。古いアンプ活用も
2019年8月28日

ラトック、4K/HDR対応で4,980円の4入力HDMIセレクタ
2018年6月5日

ラトック、4K/60Hz対応で6,980円の4入力HDMIセレクタ
2017年10月17日

サンワサプライ、4K/HDR対応の4入力HDMI切替器。9,800円
2021年1月6日

サンワサプライ、双方向&4K/60p対応のHDMI切替器。3,164円
2021年1月19日

ラトック、4K/HDR映像を8分配できるHDMIスプリッタ
2021年6月3日

サンワ、4K/HDR対応の4入力2出力HDMI切替機。24,200円
2021年11月10日

ラトック、8K/HDR対応の2入力1出力HDMI切替器
2022年1月7日

4入力2出力のHDMI切替機。4K/HDR対応で13,800円
2022年3月16日

投稿者 sukedblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です