エミライは、FiiO Electronics製のBluetoothレシーバーでUSB DACも搭載した「BTR5」を1月28日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は14,000円前後。
FiiO BTR5
FiiOのBluetooth搭載DACアンプのフラッグシップモデル。BluetoothレシーバーまたはUSB DACとして利用でき、イヤフォン出力はステレオミニのシングルエンドに加え2.5mmバランスも装備する。
スマートフォンのBluetoothレシーバーとしての利用例
ESS Technology製のDAC+アンプ統合型チップ「ES9218P」を2基、左右独立構成で搭載し、低ノイズ・低歪と高出力を両立。FPGA搭載で正確な音声信号処理と高精度なクロックマネージメントを実現している。独立した2基の水晶発振器を備え、低ジッター化を徹底した。

【お詫びと訂正】記事初出時、DAC+アンプ統合型チップの型番を「ES9812P」としておりましたが、正しくは「ES9218P」でした。お詫びして訂正します。(1月22日)
USB端子はType-C。XMOS製USBコントローラーICを搭載し、USB DACとして384kHz/32bitまでのPCMのほか、DSD 11.2MHzまでのDSDネイティブ再生が可能。
イヤフォン端子やUSB端子部
Bluetooth 5.0対応で、クアルコム製レシーバー「CSR8675」により高い接続安定性を実現。コーデックはSBC/AAC/aptX/aptX HD/aptX Low Latency/LDACをサポートする。カーモードも用意する。NFCでペアリング可能。マイクのcVcノイズキャンセリング機能も備える。
搭載チップなどの構成
0.49型/64×32ドットの有機ELディスプレイを装備。550mAhのバッテリー内蔵で、9時間の連続再生に対応し、充電時間は1.5時間。背面のクリップ部を除く外形寸法は11.1×72×32mm(縦×横×厚さ)、重量は43.7g。
側面操作ボタン

関連リンク FiiO ニュースリリース 製品情報

関連記事

FiiO新プレーヤー「M11Pro」が「秋のヘッドフォン祭」に。Noble AudioやMYTEK Digitalの参考展示も
2019年11月1日

JH Audio×ダンまちイヤフォン降臨。ヤマハ初の完全ワイヤレスも試聴可能
2019年12月14日

Nintendo Switch/PS4の音声を無線化するBluetooth送信機。aptX LLで約4,980円
2020年2月3日

FiiO、Bluetoothレシーバ「BTR5」に新色チタニウムカラー
2020年6月11日

FiiO、Bluetoothアンプ「BTR5」カスタム機能強化
2020年9月30日

FiiO、DACとしても使えるBluetooth送受信機。aptX HD/LDAC対応
2020年11月27日

FiiO、「ES9219C」×2基でバランス出力対応のBluetoothレシーバ
2021年11月16日

投稿者 sukedblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です