【感想】Audibleのリアルを通勤利用者が解説!【口コミや評判も有】

Audibleの感想【合う合わないあります】

どうもこんにちは!すけでぃー(@suked_blog)です!

あなた

Audibleって実際どうなんだろう?実際に使っている人リアルな声が聞きたいんだけど。。。

そんな疑問にお答えするべく、僕がAudibleを6ヶ月間使用した感想と、実際に使用した人の口コミや評判をお伝えしていきます。

本記事で分かること
  • 僕の感想が『微妙』→『最高!』に変化していった理由
  • Audibleのメリット・デメリット
  • Audibleの口コミ・評判
  • audiobook.jpとの比較

今では僕も『Audible最高!』となっていますが、最初は『なんだか微妙』と思っていた一人です。

すけでぃー

今ではすっかりAudible信者になってしまったんですけどね。

本記事ではかなりリアルな感想を言っていきます。(デメリットも有)
これからAudibleを始めようか迷っている人に、間違いなく参考になるはずです。

>>そもそもAudibleについて全体的に知りたい方は、『【完全解説】Audible (オーディブル)とは? 全疑問を解決』をご覧ください。

\ 好きな本が1冊無料 /

目次(読みたいところに飛べます)

Audibleについて軽くおさらい

Audibleの基本情報

そもそもAudibleや、オーディオブックのことを知らない人の為に簡単に概要を説明していきます。

オーディオブックとは?

オーディオブックとは耳で聴く読書のことで、時間がない人や、ながら読書をしたい人に人気のサービスです。

ビジネス書や小説など、本屋さんに売っているような本を、音楽感覚で聴けるイメージです。

すけでぃー

移動中、家事をしている時、簡単な仕事中にと、色んなパターンで使えるのが魅力的なんですよね。

Audibleとは?

オーディオブックの中でも特に最近人気なのが、『Amazon』が提供する『Audible』です。

Audibleの基本情報
利用可能端末スマホ(ios、Android)
タブレット
PC(mac、Windows)
月額料金1500円(最初の30日無料)
作品数約40万冊
無料会員期間30日間
会員特典毎月、本1冊と交換可能な
コインがもらえる

全ての本の単品価格が30%OFF
本の返品ができる
Audible Stationが聴ける
聴き放題プランの有無
ブックマーク機能
ナレータープロの声優
倍速機能0.5~3.5倍
解約後の利用全ての本が聴ける

僕がAudibleを利用した感想【メリット・デメリット】

僕がAudibleを利用した感想【メリット・デメリット】

僕の感想が『微妙』→『最高!』に変化していった理由

冒頭でもお伝えしたとおり、最初はAudibleが微妙なサービスだと感じていました。

なぜなら作業中にオーディオブックを聴いても、『全く頭に入ってこない』からです。

しかし頭に入ってこないなりに作業中もAudibleを聴き続けると、作業に集中しながらでもオーディオブックを聞きとることができるようになっていったんです。

作業に集中しながらでもオーディオブックを聞きとることができるようになっていった

『マルチタスクは効率が悪い』、『人間は2つのことができない』、なんて言われていますが、逆にこうは考えられないでしょうか。

『人間は練習すれば、慣れれば2つのことを同時にできる。』

例えば、スポーツや楽器の演奏も同時に2つのことを行っていて難しいですが、練習すればできるようになっていきますよね。
ドラムの演奏なんて同時に色んなことやりすぎですからね。(笑)

すけでぃー

こうなってしまえば、オーディオブックは最高のアイテムに変わりますよ。

とはいいつつも、Audibleにはデメリットもあると感じたので紹介していきます。

Audibleのデメリット

Audibleのデメリット
  • 商品のラインナップが多いようで少ない
  • ナレーターによって本の良さが決まる
  • アプリだけで完結できない

商品のラインナップが多いようで少ない

僕の好きなビジネス書は、まだまだ少ないように感じます。

有名どころでいくと、『7つの習慣』がなかったりするのでもったいないですね。

すけでぃー

今どんどん増えていっているので楽しみな部分でもありますけどね!

ナレーターによって本の良さが決まる

当たり前ですが、オーディオブック毎にナレーターさんが違います。

好き嫌いによっては、『良い本も微妙に聴こえる』なんてこともあるかもです。

聴く前にサンプルを聴くか、聴いてから返品することで解決することはできますので、損することはありませんけどね!

>>声優さんについては、『Audibleの声優さんが豪華すぎ!?【豪華声優陣6名を紹介】』でも詳しく解説しています。

アプリだけで完結できない

Audibleはアプリだけでオーディオブックの購入ができず、若干の使いにくさを感じます。

アプリで『ウィッシュリスト』というお気に入りに入れて、PCサイトで購入といった手順です。

>>ウィッシュリストが少し分かりにくいので、『Audibleのウィッシュリストはどこ?【価格注意】』で解説しています。

Audibleのデメリット
  • 商品のラインナップが多いようで少ない
  • ナレーターによって本の良さが決まる
  • アプリだけで完結できない

Audibleのメリット

Audibleのメリット
  • 最初の一冊が無料、というか何冊か無料
  • 常に読書が隣にある
  • ながら読書ができる

最初の一冊が無料、というか何冊か無料

Audible会員の特権、『返品』によって、何冊か無料で聴けてしまいます。

商品を返品すると、買ったときに使ったコインやお金が返ってくるというとんでもないシステムなんです。

商品購入から365日以内なら返品可能なので、購入者側にメリットありすぎなんですよね。

常に読書が隣にある

やはり読書が身近になったのは大きいです。

日本人の1日あたり平均移動時間は約2時間と言われていますが、その時間に読書できてる人は非常に少ないのではないでしょうか。

移動時間に読書ができない理由
  • 手が空いてない
  • 周りがうるさくて集中できない
  • 本を開きづらい環境にある

オーディオブックならそんなときも読書できるので、常に読書が隣にある状態を作れるんです。

すけでぃー

読書時間がとれずに悩んでいる方には心からおすすめします。

ながら読書ができる

オーディオブックなら『ながら読書』ができます。

紙の本でながら読書しようと思うと、頑張ってもトイレか食事中だけですよね。(マナー悪いし)

先ほども話したとおりですが、オーディオブックなら作業中にすら聴けるようになってきます。

作業に3時間、読書に3時間かけているなら、『作業+読書』の同時進行で3時間で終わらせることができてしまいます。

Audibleのメリット まとめ
  • 最初の一冊が無料、というか何冊か無料
  • 常に読書が隣にある
  • ながら読書ができる

\ 好きな本が1冊無料 /

Audibleの評判・口コミ

Audibleの評判・口コミ

僕以外の、Audibleを利用した人たちの評判・口コミを見ていきましょう。

悪い評判・口コミ

twitterではこんな悪い評判・口コミが上がっていました!

悪い評判・口コミ
  • 移動時間以外では聴きにくい
  • 価格が高い
  • 無料期間を過ぎていて解約し忘れた

聴く暇がない

聴く時間がどうしてもとれない人もいるようです。

完全な空き時間を作るのが難しいなら、作業中にオーディオブックを聴くのを習得するしかないですね!

価格が高い

Audible会員は月額料金1500円かかります。
高価なオーディオブック1冊と交換できるので高いわけではないですが、他のサブスクモデルと比べると高く感じるかもですね!

>>本当に高いのかどうかは、『Audibleは高い?audiobook.jpと徹底比較【2020最新】』を見てみてください。

無料期間を過ぎていて解約し忘れた

Audibleを登録すると、30日間は無料体験ができるので、その期間中に解約すればもちろん無料なわけです。

しかしそれ以降継続すれば月に1500円かかってきます。
解約忘れが心配なら、登録と同時に、カレンダーへ解約予定日を入れておくのがおすすめです。

もし解約し忘れても、Audibleに問い合わせすれば返金されることもあるそうですよ!

悪い評判・口コミ まとめ
  • 聴く時間を自分で作れないと微妙
  • サブスクとして見ると価格が高い
  • 解約をつい忘れがち

良い口コミ・評判

もちろん良い評判も上がっています!

良い評判・口コミ
  • 通勤・通学時間に使える
  • スキマ時間に使いやすい
  • 両手両足が空く

通勤・通学時間に使える

Audibleは耳で聴くだけなので、満員電車でも、車の中でも聴くことができます。

すけでぃー

youtube等の動画サービスと違って視界が確保できるので安全性もかねそなえていますね!

僕も通勤の往復40分間に2倍速で聴いているので、快適な通勤を過ごせています。

スキマ時間に使いやすい

現代人のほとんどの時間は『すきま時間』だと言われています。

その『すきま時間』を有効活用できるかどうかが、時間の使い方がうまい人になれるかどうかですよね!

両手両足が空く

これは主婦の方にも嬉しい内容ではないでしょうか。

すけでぃー

両手両足が空くということは、家事をしながらでも楽しめるわけです。

洗濯しながら、掃除しながら、料理しながらでも聴けるので、面倒な家事の時間が息抜きにもなってきて楽しいですよ!

良い評判・口コミ まとめ
  • 通勤・通学時間に最適
  • スキマ時間を活用しやすい
  • 両手両足が空いて自由度が上がる

結局Audibleはどんな人におすすめなのか

結局どんな人におすすめなのか

僕の感想やみなさんの評判をお届けしていきましたが、結局どんな人におすすめできるのか。
まとめとしてお伝えしていきます。

Audibleはこんな人におすすめ
  • 作業中にもインプットしたい人
  • 移動中や家事中を有効に使いたい人
  • ビジネス書や情報収集をしたい人

作業中にもインプットしたい人

賛否両論あると思いますが、最もおすすめできる人です。

家でも作業するような向上心の高い人に多いのが、インプットの時間が減ってしまうことだと思います。

そんな悩みを解決するには、オーディオブックを聴くしかないと思います。

移動中や家事中を有効に使いたい人

  • 通勤中の時間が暇
  • 家事が面倒で面倒で楽しくない

こんな方にはぜひ利用してみてほしいです。

すけでぃー

通勤中は僕も利用していて、特におすすめでスよ!

通勤中にAudibleを利用するメリット
  • 会社に着くまでにモチベーションを爆上げできる
  • ナレーターの良い声に癒される
  • ビジネス知識を復習できる

仕事前に聴くと意識が上がっていくのを感じれていいんですよね。

また家事中にAudibleを使えば、進んで家事をしたくなります。

家事中にAudibleを使うメリット
  • 『家事をすればAudibleが聴ける』と習慣づければ、家事が苦じゃなくなる
  • 掃除機の音もイヤホンなら大丈夫
  • 旦那さんが家事をするようになる

僕も食器洗いや、洗濯物を干すときには必ず聴いているので、 『旦那さんが家事を手伝ってくれない!』と悩む奥さんにおすすめです。

ビジネス書や情報収集をしたい人

ビジネス書や情報収集にはぴったり合っていて、多少聴き逃してもなんとか聴いていけます。

もし聴き逃しても何回か聴くことによって、聴いたパーツを寄せ集めるようにして一冊が出来上がります。

すけでぃー

小説だとラストの落ちは最初に聴きたくないので、こうはいかないんですよね。

\ 好きな本が1冊無料 /

Audibleとaudiobook.jp比較

Audible以外のオーディオブックサービス

Audibleがおすすめできるのは間違いないのですが、他にもオーディオブックのサービスはあります。

今のオーディオブック業界は、『Audible』と『audiobook.jp』が二大巨頭です。

ざっくり基本情報を比較していきます。

Audibleaudiobook.jp
月額会費1500円
(最初の30日無料)
聴き放題プラン:
750円(最初の30日無料)
月額会員プラン:
330円~33000円
作品数40万冊以上約3万冊
聴き放題作品数0約1万冊
無料期間30日間30日間
会員特典一冊無料で聴ける
本の単品価格が30%OFF
本の返品ができる
聴き放題プラン:
一部の本が聴き放題

月額会員プラン:
ポイントで買う方が
お得に購入できる
ブックマーク機能
倍速機能0.5~3.5倍0.5~4.0倍
解約後の利用全ての本が聴ける単品購入品は聴ける
聴き放題品は聴けなくなる

どちらも素晴らしいサービスですが、最初の1冊が無料なのはAudibleだけです。

すけでぃー

audiobook.jpには聴き放題プランがありますが、僕の場合はそこまで聴きたい本がなかったです。

人によっては聴き放題プランの本が合う方もいると思いますので、一度チェックしてもいいかもしれません。

>>さらに詳しい比較は、『Audibleは高い?audiobook.jpと徹底比較【2020最新】』で行っています。

Audibleの感想・評判・口コミまとめ

Audibleの感想・評判・口コミまとめ

今回はAudibleを使った僕の感想と、みなさんの評判・口コミをまとめていきました。

忙しい人の学ぶツールとして、必須のアイテムになってきています。

特に作業中に耳を持て余している方は、無料体験が終わる前に試しておくべきだと思います。

\ 好きな本が1冊無料 /

それでは、すけでぃー(@suked_blog)でした!

Audibleの感想【合う合わないあります】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (3件)

【完全解説】Audible (オーディブル)とは? 全疑問を解決|助D書店 へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


目次(読みたいところに飛べます)
閉じる