【要約】『多動力』AIに勝てるのはバカだけだった!?

どうもこんにちは!助D(@suked_blog)です!

目指す人
本やyoutubeで勉強しまくったから、もう何でもできる気がする!

確かに知識は大切ですが、行動しなければ何も変わりません。

あなたの周りにもいませんか?何でも詳しいけど何も始めない人。
もしくはあなたがそうなってしまっていませんか?

そんな方にぜひ読んでほしい本があります。

その本は、『多動力』です。
著者:堀江貴文

僕はかなりの行動派で、当ブログを始めるときも大して調べもせず始めていきました。
そんな『思い立ったら即行動』という考えも、本書に早くして出会えたことが大きいと思っています。

本記事を読めば、『多動力』の中でインパクトの強い部分を知ることができ、多動な人生を送れるようになるかもしれません。

僕はマンガ版で読みましたが、今は正規版がKindle Unlimitedで読み放題になってるみたいです!
原書が気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね〜!

>>KindleUnlimitedで『多動力』を無料で読む

Kindle Unlimitedについて詳しく知りたい方は『Amazonプライム会員はKindleUnlimited使える?たった1つの利用条件を解説』をご覧ください。

目次(読みたいところに飛べます)

多動力の重要部を図解で要約

多動力の重要部を図解で要約

多動力とは文字の通り、多くのことを行動できる人のことです。

本書の著者である堀江貴文さん自身が恐ろしいほどに多動である為、この本からホリエモンエッセンスを存分に吸収してください。
ここからはホリエモンが多動な理由、多動になる方法を要約していきます。

おかしなやつとは距離をとれ

おかしなやつとは距離をとれ

おかしなやつに近づくと大切な時間を奪われる。

この本でいうおかしなやつ=他人の時間を平気で奪ってくるやつのことです

具体的なおかしなやつ

  • うざいやつ
  • 電話してくるやつ
  • つまらないやつ

だそうですが、電話してくるやつ以外はかなり抽象的ですね。

助D
よっぽど電話してくるのが嫌なのでしょう。(笑)

しかし実生活で簡単に距離をおくことができるでしょうか?
それに対しては、付き合わない人間を明確にすることが大切です。

日頃から付き合わない人間を決めておけば、後から距離をおくこともなくなっていきます。

まずは一つのことに猿のようにはまれ

まずは一つのことに猿のようにはまれ

ジャンルはとにかくなんでもいいから、猿のようにはまることが大切だといいます。
そこで培った集中力と好奇心が、他のジャンルに生きてくるそうです。

例えば子供がゲームにはまっており何時間も集中しているとします。
それを邪魔してはいけないのです。

そこで『ゲームやりすぎ!勉強しなさい!!』
と言うと、子供はなにかに夢中になる楽しさを見失ってしまうかもしれません。

そうしていくうちにやりたいことが見つからないとか、好きなことがないという大人になっていくのだとか。

小利口はバカに勝てない

小利口はバカに勝てない

小利口な人は、色んな不安要素をあげてなにも始めようとしません。
しかしバカな人はそんなことは考えもしません。

ものごとは初めにとか、早くから始めた人が勝ちやすいですよね。
結局は初めにチャンスをつかんだバカが成長していく場面を、ホリエモンは何度も見てきたそうです。

今世界ではAIが進歩してきており人類を超えるのではないかと言われていますが、AIはバカではありません。
バカではないので、最適解を探して時間がかかってきます。

つまりAIに勝てるのはバカだけなのです。

助D
あなたは何もしない小利口で一生を終えますか?
それともバカになってチャンスをつかんでいきますか?

飽きっぽい人ほど成長する

飽きっぽい人ほど成長する

今の世の中飽きっぽい人は批判されがちです。

『もう飽きたの?』
『どうせすぐやめると思ったよ~』

何かを始めてもこんなこと言われるのが嫌で、何も始めずに終わっていませんか?

こんなコメントを気にする必要はない。
飽きっぽいのは慣れて余裕ができたきたということ。
むしろそのレベルまで達したら十分。

だとホリエモンは言います。

80点レベルを色んなジャンルでとることが現代での強みとなるのです。
80点までは熱中すればすぐに到達できますが、100点をとろうとすると一気に時間がかかります。

助D
学校のテストでもそんな経験ありませんか?

一つのことをどうしても極めたいなら別ですが、自分の成長のためならそれは効率が悪いです。
飽きたら次行けばいいんです。

『多動力』を図解で要約まとめ

  1. おかしなやつとは距離をとれ
  2. まずは一つのことに猿のようにはまれ
  3. 小利口はバカに勝てない
  4. 飽きっぽい人ほど成長する

今回は『多動力』の超重要部を図解で要約していきました。

もちろんこれはほんの一部で、一章ごとに4つほどポイントが用意されています。
そのなかで特に厳選して、4つインパクトがあるものをお届けしていきました。

実際に本書を手にとり、自分の行動力への着火元として度々読み返すのをおすすめします。

助D
当ブログでは、あなたの人生をより良くする本を多数用意していますので、そちらもチェックしてみてください。
あわせて読みたい
すけぶっくにある本要約の一覧【人生を変える本を見つけましょう】
すけぶっくにある本要約の一覧【人生を変える本を見つけましょう】どうもこんにちは!すけでぃー(@suked_blog)です!当ブログすけぶっくで要約している本要約の一覧を見ていきましょう!【お金】みんな大好きお金のコーナーです!(笑)...

それでは!助D(@suked_blog)でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次(読みたいところに飛べます)
閉じる