ながら読書が忙しいサラリーマンに必須テクニックである理由

どうもこんにちは!助D(@suked_blog)です!

忙しい人
せっかく読書始めたのに、忙しくて全然時間がとれない。。。スキマ時間で読書する方法とかないかな。

そんなお悩みのあなたに、『ながら読書』をおすすめしたいです。

本記事で分かること

  • ながら読書の定義や効果
  • ながら読書が必須テクニックな理由
  • ながら読書の方法
  • ながら読書におすすめの本

本記事を書いている僕は、こんな感じの日々を送っています。

  • 一日一冊の読書
  • サラリーマンなので11時間ほどの労働
  • 帰宅後2~3時間ほどブログ執筆作業

そんな僕が一日一冊の読書を実現するには、ながら読書を利用するしかなかったわけです。

本記事を読めば、忙しい人でも『ながら読書』で効率的に読書する方法が分かります。

目次(読みたいところに飛べます)

ながら読書の定義や効果

ながら読書の定義や効果
まずは『ながら読書』とはなんなのか、実際に可能なのかどうかを見ていきましょう。

ながら読書の定義

ながら読書とは、文字通り『なにかをしながら読書すること』です。
そしてながら読書には2パターンあります。

  1. 紙の本や電子書籍を目で見る
  2. オーディオブックで耳から聴く

本記事では、どちらの『ながら読書』についても解説していきます。

ながら読書は可能なのか

そもそもながら読書が可能なのか、人間が2つのことを同時にできるのか。
ということから見ていきましょう。

結論から言うと、同時に2つのことをするのは可能です。
なぜならドラムを演奏する人は、最初から足と腕を同時に動かせるわけではありません。

しかし練習していくうちに足と腕を同時に動かし、さらには歌い出すような人までいるくらいです。
もちろんドラムに限ったことではなくピアノやギターもそうですし、スポーツでも似たようなことが起こっています。

つまり最初は同時にできなかったことでも、練習していけば同時に行うことができるわけです。

僕も今では作業中にオーディオブックを聴くことができていますが、最初は作業に集中して、全くオーディオブックの内容が入ってきませんでした。

助D
諦めずに継続するのをおすすめします。

ながら読書が必須テクニックな理由

ながら読書が必須テクニックな理由
ながら読書は忙しい人にとって必須のテクニックです。
忙しい人はアウトプットに時間を使う傾向があるのですが、どうしてもインプットがおろそかになってしまいます。

ながら読書をするときと、しないときの読書時間の差を見てみましょう。
今回比較していくのは、本業と副業をこなす忙しい人を対象にしています。

このようにながら読書をすることによって

このようにながら読書をすることによって、日々効率的に読書と作業ができるようになります。
これほど差があると、継続していったときに大きな差ができるのは明白です。

ながら読書の方法

ながら読書の方法
それでは、具体的なながら読書の方法を見ていきましょう。
2つのながら読書方法について解説していきます。

  1. 紙の本や電子書籍をながら読書する方法
  2. オーディオブックでながら読書する方法

紙の本や電子書籍をながら読書する方法

まずは『読む読書』についてのやり方です。

初めにいっておくとあまりおすすめできない方法だったりします。
なぜなら読む読書をながら読書にしようとすると、食事中やトイレなど、手を使わない状況だけに限られてくるからです。

そういった状況でも読書したいなら、読書要約動画などの動画コンテンツを見たほうが効率が良いと思います。

おすすめの読書系YouTubeは、『本要約YouTube12チャンネルを一挙公開!【時間効率最高レベル】』で紹介しています。

ちなみに読むながら読書を実践しているのは、若いときの『孫正義』さん以外に聞いたことがありません。
もし『孫正義』さんが今20代であれば、オーディオブックを利用すると思います。

オーディオブックでながら読書する方法

続いて、『聴く読書』についてのやり方です。

聴く読書は使える場面が非常に多く、使い方次第ではいつでも読書することができます。
相手や場面にもよりますが、片耳イヤホンで聴けばほとんどの場面で聴き続けることができるんです。

僕がオーディオブックを聴く場面は以下の通りです。

  • 通勤中
  • 家事中
  • 筋トレ中
  • 寝る前
  • 在宅作業中

これらの場面でまだオーディオブックを利用していないなら、あなたの読書時間はまだまだ増やせます。

オーディオブックサービスはAmazonが提供するAudible、オトバンクが提供するaudiobook.jpが2大大手サービスです。
まずは1冊読んでみて自分に合うか確かめてほしいのですが、個人的には最初の1冊が無料のAudibleをおすすめしています。

audiobook.jpも良いサービスで聴き放題が1ヶ月無料です。
しかし聴き放題で聴けるのは一部の本なので、興味のない本を聴かざるをえないかもしれません。

するとオーディオブックにネガティブな印象を与えてしまう懸念があります。
その点Audibleはどの本でも1冊無料なので、本当に自分が読みたい本を選べるわけです。

具体的にそれぞれのサービスを比較したい方は、『【タイプ別比較】ビジネス書が読める電子書籍サービス5選!』を参考にしてください。

ながら読書におすすめの本

ながら読書におすすめの本

最後に、オーディオブックでながら読書するときのおすすめ本を、ランキング形式で紹介していきます。
初心者の方でも聴きやすいような、ストーリー形式の本を採用しました。

第一位 営業の魔法

第一位は、『営業の魔法』です。

本書はさえない営業サラリーマンが、超敏腕サラリーマンに営業の極意を指南してもらい、少しずつ成功していくストーリーです。
オーディオブックならではの背景音楽がうまく使われていて、わくわくしながら聴き進めることができます。

主人公につい感情移入してしまい、最後は号泣必至の感動ストーリーです。

僕は営業に関係のない仕事をしていますが、単純に人との接し方という面でも勉強になるのでおすすめです。

助D
数あるオーディオブックを聴いてきましたが、いまだにNo.1ですね。

第二位 転職の思考法

第二位は、『転職の思考法』です。

自分の会社に悩む主人公が、転職のプロに『転職の思考法』を学んでいくストーリーです。
主人公のリアルな会社事情を自分の会社につい照らし合わせてしまい、続きが気になりまくります。

『ほんとうにこの会社でいいのか?』と思っている人は必ず聴いておくべきです。

逆に今の会社で満足している人にとっても、自分のキャリアを見つめ直す良い機会になるはず。
つまり、『全員聴くべし』ですね!

第三位 トッカン

第三位は、『トッカン』です。

第二位まではビジネス書でしたが、最後に小説も紹介です。
テレビドラマ化されたことで有名になった本作ですが、オーディオブックで聴くこともできます。

国税局の特別国税徴収官、略して『トッカン』。
そんなトッカンの中でも死神といわれる、超冷酷な上司についた新米徴収官の話です。

めまぐるしく展開されるハラハラストーリーに耳が離せなくなります。
普段あまり語られることのない徴収官のリアルを知れるのも面白いですよ。

ながら読書が忙しいサラリーマンに必須テクニックである理由 まとめ

ながら読書が忙しいサラリーマンに必須テクニックである理由 まとめ

今回はながら読書が現代で必須なテクニックである理由を紹介していきました。

僕の生活の中にはすでにがっつり浸透しているオーディオブックですが、まだ実践していない人がいるのはもったいないです。
特に勉強時間やインプット時間がとれずに悩んでいる人にはおすすめしたい方法なので、まずは一度試してみることをおすすめします。

ちなみに先ほどAudibleで1冊無料や、audiobook.jpが1ヶ月無料といいましたが、いつまで続くかは分かりません。
(Audibleは前まで3ヶ月無料→2ヶ月無料→1ヶ月無料と変化してきています。)

助D
せっかくの機会を逃さないように注意してくださいね〜。

それでは、助D(@suked_blog)でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(読みたいところに飛べます)
閉じる