読書が最高の趣味である3つの理由と読書が僕を変えたこと 

どうもこんにちは!助D(@suked_blog)です!

気になる人
趣味がなくて退屈なんだけど、成長できるし賢そうだし楽しい最高の趣味とかない?

そんなあなたにおすすめの趣味が読書です。

本記事で分かること

  • 読書を趣味と呼べる基準
  • 読書が最高の趣味である三大メリット
  • 読書を趣味にして変わったこと

僕の趣味はもともと筋トレのみで、毎日筋トレに魂を燃やす日々を送っていました。
そんな筋トレ情報収集のため利用したのが読書ですが、気づけば筋トレの知識だけでなく、ビジネス書、脳科学、心理学など様々なジャンルの本を読んでいました。

そうこうしてるうちに、読書が筋トレを上回る最高の趣味になっていきました。
自己成長が好きな僕だからフィットしたのかもしれません。

本記事では読書を趣味にするとどうなるのか、読書が最高の趣味だと思う理由をお伝えしていきます。

助D
本記事を読めば、あなたも読書を趣味にしたくなるはずですよ!
目次(読みたいところに飛べます)

読書を趣味にするということ

読書を趣味にするということ

まずは読書が趣味といえるラインをお話していきますが、すぐに読書が最高な理由を知りたければこちらまで飛んでください。

『読書を趣味に』といっても、読書にはいろいろあります。

  • マンガを読む
  • 小説を読む
  • ビジネス書を読む
  • 哲学書を読む

どれを読んでも『読書が趣味』と言って問題ありません。

『読書をすることでなにかに気づき、自分の生活に活かすことができた。』
こうなれば、すでに読書は趣味になっているからです。

気になる人
小説やマンガでも生活に活かすことを知ることなんてできるの?

と思うかも知れませんが、かなり学べることは多いですよ。
むしろ自分の人生に与える影響が大きいのがマンガではないでしょうか。

例えば『スラムダンク』というバスケットボールマンガをご存知ですか?
スラムダンクの登場人物に憧れて、バスケットボールを始めた人は多いはずです。

つまりどんなジャンルの本であっても学びがあって、自分の生活を変える可能性があります。

読書が趣味と言える基準は?

一般的にみなさんが読んでいる本の量はどのくらいでしょうか。

文化庁の調査結果を見てみましょう。
本が趣味かどうかは関係なくとったデータです。

調査時期:2019年2月~3月

調査人数:3590人

調査したところ:文化庁 中央調査書

一カ月に何冊読むのか

  • 0冊:47.3%
  • 1-2冊:37.6%
  • 3-4冊:8.6%
  • 5-6冊:3.2%
  • 7冊以上:3.2%

一冊も読まない人が、半分近くもいます。
3冊も読めばかなり読んでいる方ですので、『読書が趣味!』と胸を張って言えそうですね。

助D
もちろん1冊でも読書が趣味!といって、問題はないですよ!

どんな人が読書を趣味にするの?

読書を始めようとする人には、どんな人が多いのでしょうか。

  • 暇つぶしをしたい人
  • 色んなことを知りたい人
  • ある分野の専門性を高めたい人
  • 自分自身を高めたい人
  • 失敗したくない人
  • 人生をより良くしたい人
  • 人生を変えたい人

読書をする目的は、人によって様々です。
『暇つぶし』~『人生を変えたい』まで、幅広い目的を持てるので読書は最高の趣味なんですよね。

ちなみに僕が読書を本格的に始めた理由は、『自分自身を高めたい』、『人生をより良くしたい』からです。

読書が趣味な人のイメージは?

『読書が趣味』というと、どんなイメージを持ちますか?

  • 地味な人
  • 暇な人
  • 他にやることがない人
  • 知的な人
  • 意識高い人

こんなイメージが多いと思いますが、どれも読書をしていない人から見たイメージです。

逆に読書をする人から見た、読書をする人へのイメージはこんな感じです。

  • 目的がある人
  • 時間を有効に使える人
  • 最高の人生を送りたい人
  • 物事の本質を知りたい人
  • 成功を目指す人

何事も内側に入ってみないと分からないことが多いですが、読書にも当てはまりますね。
特に読書というと難しいイメージが先行しているので、自分自身ががっつり取り組まないと、このイメージは払拭できません。

読書を趣味にしようか迷っているなら、今読書が趣味の人か、前まで読書が趣味だった人の意見を参考にするべきです。

読書を趣味にするということ まとめ

  • どんなジャンルでも趣味になる
  • 少しでも読めば趣味といえる
  • 読書を知るにはまず読んで見る

読書が最高の趣味である3大メリット

読書が最高の趣味である3大メリット

読書には様々なメリットがありますが、その中でも三大メリットをお伝えしておきます。

  • 頭が良くなる
  • お金持ちになれる
  • 良質な情報が手に入る

頭が良くなる

読書をすると頭が良くなる、小さい頃読書しておくと賢くなっていく。
とよく言われますよね。

それは読書が以下の三要素でできているからです。

  • 文字を見る
  • 脳内で言語化する
  • 内容を理解する

この三要素によって、言語能力を上げ脳を活性化させることができます。
『脳の活性化=頭が良くなる』ということになるので、読書で頭が良くなると言われるわけですね。

大人でも読書の三要素は同じなので、小さい子供でなくても頭が良くなっていきます。
読書はいつ始めても遅くありません。

お金持ちになれる確率が上がる

読書量と資産の量は比例するといわれています。
manablogで毎月数百万円を稼ぎ出すマナブさんも、以前YouTubeでお話していました。

以前YouTubeでお話していました

その他世界的大富豪である『ビル・ゲイツ』や、『ウォーレン・バフェット』も多読家であることは有名です。

なぜ読書家にお金持ちが多いのかは諸説ありますが、シンプルにお金の情報を本から得れるからだと思います。
お金持ちの人がお金持ちである理由は、お金を持っているからではなく、お金の増やし方を知っているからです。

この考え方は、『バビロン大富豪の教え』でも紹介されていましたね。

>>バビロン大富豪の教えの要約はこちら

お金持ちになりたいなら、読書は切っても切り離せない存在です。

良質な情報が手に入る

良質な情報を手に入れたいなら読書をするべきです。
インターネットの情報は素人でも届けることができるため、信頼性にはムラがあります。

しかし本を書いている人は、その道のプロであることがほとんどです。
プロでないと分厚い本なんて書けないですし、書いたとしても出版社のチェックを超えて世の中に届くことは難しいからですね。

そんな本から『文章』について勉強しようと思ったとします。
『文章』に関する本を7冊読めば、『文章』に関する情報はほとんど網羅できるくらい、読書からの情報量は多いわけです。

インターネットが普及した現代でも、読書の良さが衰えることはありません。

読書が最高の趣味である3大メリット

  • 頭が良くなる
  • お金持ちになれる確率が上がる
  • 良質な情報が手に入る

読書を趣味にして変わったことTOP3

読書を趣味にして変わったことTOP3

ここからはわたしの体験談ですが、読書を始めて多くのことが変わりました。

その中でも特に人生レベルで影響したことを、TOP3でお届けします。

第三位 テレビ番組を見なくなった

一人でいるときに、テレビ番組を見ることが一切なくなりました。
読書から得られる情報量に比べると、どうしてもテレビの情報は雑音、無駄な知識が多いからです。

有名人のゴシップを聞いても、あなたの人生にはなんの影響もありません。

もちろん情報のためだけでなく、面白い番組などはありますよね。
そういったものは息抜きとして見ることがありますが、あくまで息抜きであって、それをメインの楽しみにすることはなくなりました。

助D
読書から知識を得ることは、それほどまでに楽しいことです。

第二位 ネットの情報に惑わされなくなった

インターネットの情報をうのみにしなくなりました。
たくさん本を読んだ上でネットの情報を見ていると、『あれ?本には違うことが書いてあったけどな』ということがあります。

そういったときは読書の情報を優先したほうが間違いありません。
理由は前述したとおり、情報の正確さが本のほうが上だからですね。

もちろん情報は常に新しくなっていくので、その本の情報がいつまで有効な情報かは予測・把握しておく必要があります。

第一位 時間の使い方が上手くなった

今の生活スタイルのまま読書をするには、どこかで時間を作る必要があります。
もちろんスキマ時間でもできるのが読書の良さだったりしますが、まとまった時間のが読書を楽しめるのは間違いないからです。

そこで僕が作った時間が『朝の読書時間』です。
『朝の読書時間』では誰にも邪魔されることなく、まとまった時間を確保することができます。

朝だけでは少し物足りないので、仕事をいかに早く終わらせて、読書時間に当てれるかも考えるようになりました。
読書はそういった面でも、頭を使うきっかけになってくれます。

助D
あなたの24時間は有効に使えていますか?
読書を趣味にして変わったこと

  • テレビ番組を見なくなった
  • ネットの情報に惑わされなくなった
  • 時間の使い方が上手くなった

読書が最高の趣味である3つの理由 まとめ

読書が最高の趣味である3つの理由 まとめ

  • 本を読めばその瞬間に趣味になる
  • 読書のメリットは頭・金・情報
  • 読書は人生を変える

今回は、読書が最高の趣味である理由、趣味にするとどうなるのかをお伝えしていきました。

読書が僕の趣味になってから2年ほどたちますが、読みたい本がつきることはありません。
1つのジャンルにはまると何冊も読んで詳しくなろうとするので、中々次のジャンルへいけないんですよね。

読書初心者の方は読書スピードについて悩むことになるので、『【3つの改善点】読書が遅いなんてもう言わせない。』を読むことをおすすめします。

そうして趣味としてたくさんの本を読んでいくと、新しい世界が必ず見えてきます。

助D
逆に本を読んでなにも変わらないほうが難しいと思いますよ!

当ブログでは、本記事のような読書のコラムを多数収録しています。
あなたの読書に関する悩みを解決できる記事がきっとあるので、よかったら見ていってくださいね〜!

あわせて読みたい
すけぶっくにある『読書コラム』一覧 どうもこんにちは!助D(@suked_blog)です! 本記事では、当ブログ(すけぶっく)にある読書に関するコラムを紹介していきます。 読書に関する豆知識がたくさん盛り込...

それでは、助D(@suked_blog)でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

助D書店にある『読書コラム』一覧|助D書店 へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


目次(読みたいところに飛べます)
閉じる