【要約】『無敵の思考』ストレスフリーな人生を送るたった1つの方法

どうもこんにちは!すけでぃー(@suked_blog)です!

悩む人
かんっぜんにストレス社会だわ、もう無理。なんでも良いからストレスフリーな方法教えて。

そんなお悩みを解決する超ストレス解消本、『無敵の思考』をご紹介します。

著者はひろゆきこと西村博之さんですが、ご存じない方のために一応紹介しておきます!

ひろゆきさんとは?

  • ネット掲示板『2ちゃんねる』の元管理人
  • 『ニコニコ動画』を作っていたり
  • 英語圏最大の匿名掲示板『4chan』の管理人

本書には21個のストレスフリーになる方法が載っていますが、その中でも特に使いやすいなとか、面白い考え方だなと思った部分を5個に絞って要約していきます。

すけでぃー
本記事を読めば、ストレスフリーな人生を送れるようになるかも!?
目次(読みたいところに飛べます)

無敵の思考

無敵の思考

まずはひろゆきさんの考え方をご紹介します。

世界にはシステムがあって、そのシステムのロジック(論理)に従って人や物事が動いていくという考え方です。

論理的に考えて論理的に結果を出すという生き方をすることで、幸せに生きることができます。

すけでぃー
要は感情的じゃなくて論理的に考える必要があるということです。

そのためには自分の軸で生きる無敵の思考が必要で、お金があったってなくたって、自分の軸で幸せを感じることができていれば、考え方次第で人は無敵になれるんです。

自分にルールを決める

100倍人生を楽にして無敵になるには自分にルールを決めなくてはいけません。

例えばひろゆきさんが食事でメニューを見るとします。

自分で払うときは一番安い料理を見つけて、それでよさそうだったらそれを買い、それが嫌だったら2番目に安いモノを探すそうです。

そのように機械的に決めて、選択肢を無意識に減らす生活をしているんです。

いろいろ迷うとストレスが溜まるし、衝動的・感覚的に判断をしてしまって絶対に損をするそうです。

すけでぃー
それではひろゆきさんが実際にどんなルールを決めているのか見ていきましょう!

ストレスを和らげる5つのルール

ストレスを和らげる5つのルール

ストレスを和らげる5つのルール

  1. 年上のいうことを聞いておく
  2. イヤなことは自己正当化で消す
  3. 長く役立つ本を読む
  4. 努力しないための努力をする
  5. 最悪シュミレーションをしておく

詳しく見ていきましょう!

年上のいうことを聞いておく

たとえば会社の先輩から『こうしたほうがいいよ』と言われたらあなたはどうしますか?
『そんな訳ないだろ』と思いますか?

それでもバカ正直に従ってみたほうが絶対にいいんです。

やがてその人と同じ立場になったときに、『あ、あのとき先輩が言っていたのは、実は正しかったんだ』と思うのか。

『あいつは本当にバカなだけだったんだ』と思う2パターンだからです。

前者であればそれでいいし、後者であれば自分の直感が正しかったと見下せばいいのです。

すけでぃー
とりあえず言うことを聞けばいいので楽なルールですよね!

イヤなことは自己正当化で消す

ひろゆきさんは自分のことが嫌いになるようなことをしません。

イヤな思いをしたときに、『なんであのときああしなかったんだろう』と後悔する理由を前もって作らないんです。

たとえば、電車の中で隣の人に足を踏まれそうになっているとします。

『足を踏まれてイヤな思いをするだろうな』と思ったら、その場で注意しましょう。

そういうことを続ければ、イヤな思いをし続けることはなくなります。

すけでぃー
単純なことに見えますが、これができるとだいぶ楽になりそうですよね!

自己正当化の例をもう1件ご紹介します。

まずいものは存在しない

あなたにとってまずい味とはどんな味ですか?

ひろゆきさんはまずいものが分からないそうです。

味覚がにぶいとかそういう訳ではなくて、こういった主張があるのです。

味がないものをまずいというなら、それは味が薄いだけ。

辛いものがまずいのは、まずいじゃなくて辛い。

そうなるとまずい味というものがなくなってくる。

新しい発想じゃないですか?そう考えると、『まずっ!』じゃなくて『辛っ!』ってなりますよね。

すけでぃー
まずいものがなくなると、なんでも食べれるので人生トクになりますね!

長く役立つ本を読む

どうせ本を読むなら役に立つ読書をしたいですよね!

特に人類学系の本は歴史の積み重ねであって、人の行動パターンを読むうえでかなり参考になるそうです。

これからの行動を予測をするための材料にできることが、本当に役に立つ知識だと言います。

例えば『サピエンス全史』や『銃、病原菌、鉄』をおすすめしていて、そのような良書を見つけるには5つの条件があります。

良書の5つの条件

  • 今後10年以上も影響を与える『技術』や『文化』をテーマにしている
  • 結論に至る『経緯と理由』に筋が通っている
  • 『資料』から組み立てられていて、個人の感想を書いているわけではない
  • 一般的な『常識』とは違う結論や発見がある
  • 単順に読んでいて『おもしろい』
すけでぃー
ぜひこの選び方を参考にしてみてください!

努力しないための努力をする

努力しても努力しても努力が必要なことはやめましょう。

例えば『英語の勉強』をしよう!という人がいますが、コスパが悪いです。

生活圏でその言葉を聞いていると、誰でもいつの間にか話せてしまうという脳の仕組みを人間は持っています。

ひろゆきさんが見てきた中で、

  • 日本にいながら英語学校に通って英語が話せるようになった人を一人も見たことがないし
  • アメリカに住んでいて英語が話せないままの人を一人も見たことがない

そうです!

努力しないための努力をするには、やる目的から先に決めましょう。

たとえば編み物を覚えるときに編み方を全部覚えるよりも、マフラーを作りたいということを先に決めて、そのために必要なことをやっていったほうが効率的ですよね。

ムダな努力をしたくないなら、いかにラクな方法でなんとかするかということを考えることが必要なんです。

最悪シュミレーションをしておく

少しの面倒で『大きな面倒』を回避しましょう。

なにかをしようと思ったときに、最悪のケースというものをとことんまでシュミレーションするんです。

そうすると、『想定よりも悪かった』ということがほとんどなくなります。

つまりどんなことがあっても幸せに感じることができるんです。

すけでぃー
むしろ最悪のケースを考えておかなかったことで、後から慌てるほうが絶対に面倒くさいですよね。

例えばフランスのビザを更新するときに、『絶対に更新できる!』と思うよりも、『失敗したら更新できないな。。。』と思ってビザを更新するそうです。

ビザの更新を失敗したらフランス語が分からないから大変ですよね。

だからダメだった場合は、フランス語を話せる人を一人雇って連れてってなんとかしようとか、そのためにはコストがいくらかかるかなとか考える訳です。

無敵の思考 要約まとめ

無敵の思考 要約まとめ
  • 自分の中にルールを決めよう
  • 自分が楽になるように常に考えよう
  • 幸せかどうかは考え方次第

今回は21個中5個のルールを紹介しましたが、他のルールが気になる方はぜひ本書を読んでみてください。

すけでぃー
当ブログでは、あなたの人生をより良くする本を多数用意していますので、そちらもチェックしてみてください。
あわせて読みたい
すけぶっくにある本要約の一覧【人生を変える本を見つけましょう】 どうもこんにちは!すけでぃー(@suked_blog)です! 当ブログすけぶっくで要約している本要約の一覧を見ていきましょう! あなたの人生をより良くする本がきっとありま...

それでは、すけでぃー(@suked_blog)でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次(読みたいところに飛べます)
閉じる