【初月で万は余裕】Webライターの始め方を5ステップで解説【初心者でも大丈夫】

どうもこんにちは!すけでぃー(@suked_blog)です!

あなた

Webライターが手堅く稼げるって聞いたんだけど、どうやって始めるのが正解なの?


今回はそんな疑問にお答えするべく、Webライターの始め方を丁寧に解説していきます。

本記事を読むことでWebライターの始め方が分かり、最速で稼げるようになります。

すけでぃー

僕は副業ながらWebライターを行っていますが、これから書く内容で初月に4万円弱稼ぐことができました。
そんな内容をこれから解説していきます!

目次(読みたいところに飛べます)

Webライターの仕事内容

まずここで言うWebライターとはどんな仕事のことか説明しておきます。
ざっくり言うと以下のようなお仕事があります。

WEBライターの仕事内容
  • お悩みやお役立ちできる記事の執筆
  • 商品のレビュー
  • 実際の体験談を執筆
  • YouTubeの原稿作成
  • メールやニュースレターの作成
  • 映像作品を文章に変換

このようなお仕事を全て行ってもいいですし、どれか一つ行うだけでもWEBライターです。
むしろ一つに絞っている方のほうが多い印象。

すけでぃー

ちなみに僕は「お悩みやお役立ちできる記事の執筆」と、「映像作品を文章に変換」というお仕事をメインで行っています。

Webライターの仕事の流れ

仕事の流れとしては以下のようになっています。
今回はネット上のクラウドソーシングサイトでお仕事をするときの流れで説明します。

クラウドソーシングサイトとは、個人と個人・個人と企業などの中継をしてくれるサイトで、お金のやりとりもサイト側でやってくれるので安心です。

Webライターの仕事の流れ
STEP
仕事を探す
STEP
良い仕事が見つかったら応募する

※良い仕事の条件については後ほど説明します。

STEP
応募して通れば作業開始

※テストライティングといって、本作業の前にテストが行われることがあります。

STEP
作業終了して報酬をいただく


ざっくりとこの様な流れでお仕事が進行していきます。

どんな記事を書くのか

具体的にどんな記事を書くかですが、あなたがGoogle検索してきたときに出てくるような記事です。

適当なワードで検索して出てきた記事を上から5個くらい見てみてください。
なんとなくイメージがつくかと思います。

すけでぃー

今あなたが見ているこの記事もWEBライターが書く記事の一つですよ!

稼げる金額は1万〜100万

お仕事をする人のスキルによるので何とも言えませんが、月収1万〜100万とかなりの幅があります。

Webライターの報酬は1文字書いて1円もらえるといったような計算が多いのですが、スキルによっては1文字3円になったりもします。

すけでぃー

ちなみに僕は1文字1.5円〜2.0円でお仕事をいただいています。

こういった文字単価を上げるにはスキルを上げる他ありませんので、スキルの上げ方についてはまた別途解説します。

Webライターを始める5ステップ

それでは本題のWebライターを始めるステップ解説に入ります。
以下5ステップで説明していきますね。

Webライターを始める5ステップ
  1. 環境を整える
  2. クラウドソーシングサイトに登録する
  3. プロフィールを書く
  4. 仕事に応募する
  5. 執筆→納品→完了

それぞれ詳しく見ていきましょう。

環境を整える

まずは最低限の環境と、必須のアイテムを整えていきましょう。
ここでは、絶対にないといけない物だけ紹介していきます。

ネット環境を整える

まずはネット環境を整えるところからです。
ほとんどの方がネット環境はあると思いますが、もしまだない方は自宅にWi-Fiがあれば便利ですよ。

カフェなどもネット環境があるので作業することができますが、毎回出向いていては出費がかさみますからね。

僕は楽天ひかりを契約していますが、一年無料で地域によりますが電波も良いのでおすすめですよ。

>>楽天ひかりを詳しく見てみる

パソコンを準備する

ネット環境があってもパソコンがないとお仕事になりません。
スマホでも不可能ではないですが、効率を考えると安くてもパソコンを買っておいた方が良いです。

正直スマホで作業するくらいなら、その辺でバイトした方がよっぽど稼げます。

どんなパソコンが必要かですが、クリックしたときにスムーズに動くくらいで問題ないです。
スペック的に言えば以下くらいなら全然OKですよ。

Webライターに必要なパソコンスペック
  • 動画編集用などの超ハイスペックはなくても大丈夫
  • 価格は5万円〜10万円
  • RAMと呼ばれるメモリについては、「8GB」以上
  • 容量は256GB以上
  • WindowsでもMacでもOK
すけでぃー

僕は快適性を求めてるのでMacBookをおすすめしたいですが、なくても全然Webライターを始めることはできます。


MicrosoftOfficeであるWordやExcelの必要性ですが、インターネット上にGoogleドキュメント等があって、無料で使えます。
なのでわざわざMicrosoftOfficeが導入されたパソコンを買う必要もないでしょう。


はい、これで最低限の環境は整い、Webライターになる準備はできました。
Webライターになると言っても単発で仕事をやめてもいいので、そこまでの覚悟は必要ないですよ!

クラウドソーシングサイトに登録する

冒頭でもお伝えしましたが、WEBライターのお仕事をするならクラウドソーシングサイトを利用しましょう。

いきなり企業や個人に連絡して「記事を書かせて下さい!」といっても作業はさせてもらえません。
しかし自分と相手とをクラウドソーシングサイトにつないでもらえれば、仕事を受けることができるんです。

クラウドソーシングサイトを利用すれば以下のようなメリットがあります。

クラウドソーシングサイトを使う4つのメリット
  • 仕事をさせてもらいやすい
  • 一定の信頼が得られる
  • お金を騙し取られない
  • 実績が数字として溜まっていく

特に初めて個人でお仕事を始める方にとって、「ちゃんと報酬がもらえるのか」は不安なポイントですよね。

そんなときクラウドソーシングサイトであれば、仕事を始める段階で「仮払い」というシステムがあって安心。

仮払いとは、クライアント側がクラウドソーシングサイトに一旦お金を預ける担保のようなものです。
仮払いをしないと、お仕事を依頼できないシステムになっています。

すけでぃー

つまりいざ仕事を終えてクライアント側から連絡がこなくても、お金は確実に支払われるんです。

2つのクラウドソーシングサイトに登録

クラウドソーシングサイトはいくつかありますが、まずは以下2件に登録しておけばOKです。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

これら2つがクラウドソーシングサイト最大手の2つになるので、多くの優良案件はここに集結しています。
登録は無料なのでさくっとすましてしまいましょう。

1つでなく2つとも登録する理由としては、より多くどんな案件があるのかを見て回れるからです。

すけでぃー

割の良くて自分にできそうな案件を見つけるために、まずは選べる案件の総数を増やしておくべきですね!

プロフィールを書く

ランサーズやクラウドワークスに登録できたら、プロフィールの設定を行いましょう。
空いている項目ができるだけないようにした方が信頼性は上がります。

プロフィールに書くべき内容は、自己紹介というよりは「自分に何ができるか」をメインで伝えましょう。
クライアント様は、あなたに何ができるかを知りたいんです。

例えば以下のような内容です。

プロフィールに書くべきポイント
  • 仕事に役立ちそうな資格
  • 得意なジャンル
  • これまでの文章執筆経験
  • 1日や月に対応可能な時間

プラスにとれることだけ書けば大丈夫で、わざわざ「資格や得意なジャンルはありません」などは言わなくても大丈夫です。

すけでぃー

どうも書くことがない方は、得意なジャンル=好きなジャンルや詳しいジャンルと思って書けば大丈夫ですよ!

仕事に応募する

それでは実際に仕事を見て応募していきましょう。
今回はランサーズの場合で解説していきます。

STEP
仕事の種類を選ぶ

まずはランサーズホームの左上にある、「仕事を探す」にカーソルを合わせ、「ライティング・ネーミング」→「ライティング」→「記事作成・ブログ記事・体験談」をクリックしてください。

STEP
仕事の形式を選ぶ

継続的にお仕事を受けたいので、左欄絞り込みから「コンペ」、「プロジェクト」にチェックを入れた後下へスクロールし、「絞り込み」をクリックします。

コンペやプロジェクトではそれなりの継続案件が得られることが多いので、何度も応募する必要がなくなって便利です。
内容によりますが、1件終わって合わないと感じれば継続は不要。

STEP
気になる仕事を選ぶ

新着順で条件に合った仕事が出てきます。
今回はとりあえず一番上のお仕事を見ていきますね。

STEP
仕事に応募する

依頼詳細を熟読し、受けてみたいと思ったら「提案する」をクリックします。

STEP
提案分を書く

書く内容としては、僕の場合は以下のような内容になります。

すけでぃー

★重要と書かれた部分を特に重視しています!

★重要 【1. 簡単な自己紹介と応募動機】
【2. 案件内容の確認】
【仕事内容】
【画像選定】
【文字単価】
【3. 自己紹介と経歴紹介】
◼︎自己紹介
◼︎経歴
◼︎運営サイト
◼︎ブログ経験
【4. 実績の掲載】
★重要 ◼︎実際の執筆記事
★重要◼︎実績
【5. 1ヶ月の対応可能時間】
★重要【6. 応募動機】
【7. 終わりに】

僕はこんな感じで書いていますが、一つ超重要な注意点があります。

それは、文をコピペで送らないことです。
送られた側からすると見ればコピペだと分かりますし、応募に対する熱意がないと取られてしまいます。

基本の形は決めつつも、内容は毎回絶対に変えることにしましょう。

STEP
金額を入力する

仕事を受けれた場合にいつまでに終えれるのか、今回の希望金額を入力してください。

金額については、依頼詳細ページの文字単価や文字数を参考に記入してください。

STEP
提案文を送信する

「内容を確認する」クリック後、もう一度入力内容を確認し「利用規約に同意して提案する」をクリックします。


以上で提案は完了です。

一つ覚えておいてほしいのは、どれだけ気合を入れて提案文を書いても落ちるときは落ちます。

毎回気にしていたらメンタル崩壊するので、「受かればラッキー」くらいに思っておきましょう。

案件選びのポイント

ここで案件選びのポイントをお伝えしておきます。

案件選びのポイント
  • 文字単価が0.8円以上
  • 初心者歓迎かどうか
  • マニュアル付きかどうか
  • 納期が適正か

特に初心者さんは初めてのお仕事なので、心配なことが多いと思います。
そんな方は、「マニュアル付き」と書かれたお仕事を選びましょう。

すけでぃー

僕も始めた頃そういったお仕事をいただきましたが、パワーポイントの資料で分かりやすく手順を説明していただき、非常に助かりました。

初心者向けのお仕事は文字単価が安くなりがちですが、最初の数件くらいはそれで受けても大丈夫です。
ただそればかり受けていると大きな金額を稼げないので、それ以降は最低でも文字単価0.8円以上のお仕事を応募していきましょう。

納期についても、「3000文字を書くのに1日でお願いします!」というような無理な依頼は、いくら高単価でも消耗してしまうので受けてはいけません。

仕事を受注・執筆・納品

晴れて提案が通ったらお仕事の開始です。

お仕事を受注して執筆したら、クライアント様に納品して完了連絡をしましょう。

あらかじめ納期が定められていると思いますが、その納期よりも余裕をもって提出するのがおすすめです。
なぜなら、いきなり提出した記事が完璧であることは少なく、クライアント様から修正の依頼がくるからです。

それがちょっとした修正ならすぐ終わりますが、大幅な修正だと納期遅れになってしまうかもしれません。

すけでぃー

納期をきちっと守るだけでも、クライアント様からしたら評価してもらえる点にもなりますよ。


以上がWebライターの仕事の流れになります。
今回は簡単な流れだけ紹介しましたが、またそれぞれを深堀りしてお話できればと思います。

最後に、WEBライターを始めるに当たってよくある質問に回答していきます。

WebライターQ&A一覧

いきなりド素人が応募して大丈夫?

大丈夫です。
ですが自分の実力が分からないうちは、「マニュアル付き」や単価の低めなお仕事を受けましょう。

マニュアル付きといえど「全て教えてもらおう!」という気持ちで応募するのではなく、「自分でも下調べしてみよう!」という気持ちで応募すると、スムーズに進めれると思います。

どうやったら文字単価が上がる?

文字単価を上げるには、スキルを上げるしかありません。

実績が積み上がれば自然と評価され文字単価も上がりますが、かなり時間のかかる作業です。
ライティングの本やGoogleで上位表示されている記事を見て勉強しましょう。

スキルを上げるにはどうすれば?

勉強で一定量のスキルを上げることはできますが、結局は作業をしないとスキルは上がりません。
習得した知識が自然に使えるようになると、スキルアップを実感できるはずです。

スキルレベルに悩むくらいなら、クラウドソーシングサイトで一つでも多くの仕事を応募しましょう。

まずはなんの勉強をすればいい?

まずはWEBライティングの勉強をすればOKです。

WEBライティングの最初の勉強に最適なのは、本での勉強です。
必要となる情報が網羅されている本があるので、最初に一冊読んでおくだけでも全然違います。

以下の本はWEBライティングを学ぶなら必見の一冊なので、ぜひ読んでみて下さい。

生活できるくらいの収入にはどのくらいでなる?

生活できるくらいとなると月に20万くらいでしょうか。
僕自身まだその額に達していないのでなんとも言えませんが、専業であれば半年ほどで達成している人が多い印象です。

もちろんどのくらい作業時間を確保できるのかにもよるので、一言では言えません。
いきなり生活レベルを目指すというよりは、副業として自分に合っているか確認するのをおすすめします。

文章が苦手でも大丈夫?

文章が苦手な方でも、文章を書くことが嫌いじゃなければ大丈夫だと思います。

嫌いだとどうしても苦痛になってしまいますが、そうでなければ学習次第でどうにでもなるからです。
ただ今の文章力に自身がないのであれば、以下の本で基礎知識習得をおすすめします。

質問集は以上になります。

他にも質問があれば、当サイトのお問い合わせフォームかTwitterから直接聞いてもOKです。

またWebライターに関すること全般を、「今流行りのWebライターとは?現役副業Webライターが解説」の記事で解説しています。
他に気になる方はそちらもチェックしてみて下さい。

今回はこの辺で終わりにします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、すけでぃー(@suked_blog)でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(読みたいところに飛べます)
閉じる